はじめに

~街の法律家~
行政書士は、官公署への許認可申請をはじめ権利義務、事実証明関係書類等に関する法律と実務の専門家です。

 権利義務に関する書類を含め書類作成に関しては他の法律で制限されているものを除き、すべて法定業務でありその業務の広さは、弁護士に次ぐものです。

官公署提出書類作成の本体をなす許認可申請も法律事務としての性格を有している等の基本的な立場に立って、行政書士は国民の最も身近な街の法律家として活躍しています。

書類作成に関わる相談業務については、司法制度改革の中で正式に隣接法律専門職として位置づけられています。

許認可に係る聴聞・弁明の機会の付与の際等の代理が法定されています。