許認可等

許認可とは、許可、認可、免許、承認、指定、確認、検査、検定、届出、証明、認証等の総称です。
まず、

許可とは

行政法学上の概念です。
人の行動を規制するための行政上の手法として〈許可制〉があります。
ある人の行動をひとまず一般的に禁止したうえで、個々人についてこの禁止を解除するかどうかを、行政庁が決定するものです。
〈許可〉とは、この場合に行政庁が一般的禁止を個別に解除する行為を指します。
許可制を定める目的に応じて、警察署長による風俗営業許可、県知事や国土交通大臣による建設業許可、運送業許可等がある。

認可とは

認可とは、行政庁が一定の法律行為を是認し,その法律上の効力を完成させる行為を言います。
行政庁は、当事者が必要とする要件を満たしていると認めれば認可を行います。
許可とは異なり、行政庁が意図的に認可を行わないことはできません。認可は必要な要件や書類が揃っていれば必ずされます。
例えば、物の販売価格は、自由に売る側が設定できますが、運送業の運賃・料金などや電気代・ガス代等の公共料金については認可を受けなければ効力が生じません。

免許とは

免許とは、一般に禁止・制限されている行為を行政庁が特定の人や法人に対して許可することや、特定の人や法人に権利を定めて地位を与えることです。許可と特許の双方の概念を含みます。

免許のうちには、医師免許、自動車運転免許、酒類製造免許、および酒類販売業免許などのように許可、つまり一般的禁止を個別に解除するにとどまるものもあり、又地方鉄道業の免許や漁業免許などのように、特許の性質を持ち、一定の独占の権利を生ずるものも有ります。


承認とは

承認とは、法令上種々に様々な意味で用いられますが、権限のある行政庁が、他の行政庁や人の行為に与える同意のことを言います。
一定のものの承認を要する旨定められている場合に、承認を得ないでした行為が無効となるか、取り消しうる行為となるかは場合によってまちまちとなります。

指定とは

行政官庁が法令によって特定の資格を与えることです。
例えば、位置指定道路とは、建築基準法上の道路のひとつで、特定行政庁が道路位置の指定をした道路です。
国が指定する公園として種々の国定公園などがあります。

確認とは

特定の事実や法律関係が存在するか否かを公的に判断・認定する行為を言います。
その例としては、当選人の決定、発明の特許、審査請求の裁決、建築確認